ブログトップ

oishi-seikatsu

dearfuture.exblog.jp

リバティのティールーム

とってもおしゃれなものが見つかる魅力的なリバティ本店

でもそんな場所も、興味のない男性(オット)をつれていくのはちょっと大変。だから少し言い方を変えます。
『伝統的な英国式アフタヌーンティーって食べたことある? 美味しくてボリュームがあるから、イギリスのビジネスマンもお昼に食べているそうよ。』 と。

そしてどんなものだろう?と興味を持ったところで
『有名なところは予約が必要だし、14時くらいからしか出さないけれどリバティは予約ナシでいつでも食べられというのだから 限られた時間でお昼もアフタヌーンティーもしたい 旅行者にはぴったり!』 と。

そうしてティールームに行ってきました(笑)

本店1階の端っこにある、とても狭くて簡単なつくりのティールームですが十分楽しんできました。
写真は(ちょっと食べ初めてしまったところですが)この3段トレイで2人分です。
ブラックウィローの食器がイギリスらしくて楽しくさせてくれます。
a0214892_18381569.jpg


この上段はとても甘くて、ほとんど残してしまいました。
a0214892_1571483.jpg

下からいただくのでどうしても上のほうが余ってしまいます。
お店の方には「もって帰ったら?」といわれたものの、このあと飛行機に乗って帰る私達にはとても無理でした。確かにホテルに戻るならば夜のデザートにしてもいいかもしれませんね。

次回、アフタヌーンティーをするときは注文は一人分にしてゆっくりと楽しもうと思います。
[PR]
by dear_future | 2011-06-30 07:00 | Travel log (旅の記録)
<< Sweetsの時間 リバティってどんなところ? >>